私たちについて

ごあいさつ


院長 医学博士 福元弘和 ごあいさつ

院長 医学博士 福元弘和

今年で福元クリニックは開業31年目、医療法人として新たなスタートして20年目を迎えます。

今後は泌尿器科医・福元 和彦医師と共に、より一層充実した医療をご提供します。

開業時より守り続けてきた「患者さんやご家族の立場に立った医療で地域に貢献する」というポリシーを忘れず、一般内科における様々な疾患に幅広く対応します。
職員一同精進を重ねてまいりますので、どうぞよろしくお願いい たします。


院長プロフィール
  • 鹿児島大学医学部卒業。
  • 鹿児島大学医学部付属病院第2内科勤務を経て、1984年鹿児島市西千石町に福元クリニックを開設。
  • 1995年に山下町にて医療法人友心会福元 クリニックを開設。
  • 趣味はゴルフ、音楽のコンサートに行くこ と、福岡ソフトバンクホークスの応援。
  • 日本内科学会(認定内科医)

医師 福元和彦 ごあいさつ

医師 福元和彦

高齢化社会が進む今日、長くなった老年期のQOL(生活の質)を上げる医療が求められています。

私は、大学で排尿機能・性機能を含めた泌尿器学診療と、男性医学を中心としたアンチエイジング医療の研究をしております。

当クリニックでも皆さまの健康に少しでもお役に立てるよう、 泌尿器学疾患を中心に診療いたします。
どうぞよろしくお 願いいたします。


資格・プロフィール
  • 川崎医科大学医学部卒業。
  • 同大学付属病院にて研修医を経て、2010年川崎医科大学泌 尿器科学臨床助教に就任。
  • 2015年4月より川崎医科大学大学院に進学、生理系尿路生殖器病態生理学を専攻している。
  • 趣味はゴルフ、魚釣り、音楽 (トランペット) 。
  • 日本泌尿器科学会(認定専門医)、日本排尿機能学会、日本性機能学会、日本泌尿器内視鏡学会、日本抗加齢医学会

ロゴに込めた想い

多くの人の心に息づいている「折り紙」。

一枚の紙から美しい花や、かわいい動物など 折り出せる「おりがみ」は、日本に古くから伝わる 文化としてたくさんの人々に親しまれてきました。

いまでは、趣味のほか、教育・リハビリテーション 効果など様々な可能性が広がっています。

福元クリニックロゴ

また、病気快癒・長寿の願いをこめて 「折り鶴」を入院患者へ贈るという習慣もあります。

5つの折り紙が織り成す「輪」を 福元クリニックの「和」として表現。
ひとつひとつの折り紙には それぞれの想いが込められており、
「想いの繋がり」を表しています。